ホーム > 手塗りローラー工法

手塗りローラー工法

外壁塗装をどこの業者に頼もうかとお悩みではありませんか。
やはり依頼するとしたら信頼のおける地元業者が安心ですよね。

今回の記事では、大分で外壁塗装についてご検討中の方のために手塗りローラー工法の情報をご提供いたします。
ぜひ参考にしてみてください。

POINT手塗りローラー工法とは

ほぼ原液に近い状態の塗料を職人さんがローラーを使って手で塗るのが手塗りローラー工法です。
最近ではこの工法で施工する現場が増加しています。

手を使って塗るため手間も時間もかかりますが塗料の膜は厚くなり耐久性が高いのが特徴です。

施工方法はシンプルで、1回目を下塗り、2回目を中塗り、3回目を仕上げ塗りといい、合計で3回塗ります。

POINT手塗りローラー工法に使用するローラー

手塗りローラー工法に使用するローラーには、さまざまな種類があり、その用途によりローラーの太さや毛足の長さが変わってきます。

外壁塗装する壁面が粗い場合は毛が長いタイプのローラー、平らで滑らかな場合は毛が短いタイプのローラーを使用するのが一般的です。つまり、毛の長さが中くらいのタイプのローラーであればあらゆる壁面に使える万能型といえます。

よく安いローラーが使いたがる人がいますが、ローラーの表面にある産毛が抜けてしまったり、作業中に塗料が跳ねたりするというトラブルが発生しやすいという弱点があります。

大分の外壁塗装業者でも工法にこだわり、しっかりとしたローラーを選ぶ業者とそうでない業者がいます。良いローラーを選んで塗装をすれば、気泡が出ることもなく塗料がなじみやすいのできれいに仕上がります。

この他にも、次のようなローラーの種類があります。

  • スポンジローラー

    ローラー部分がスポンジでできているため、吸水性に優れています。スポンジの形状や材料には数多くの種類があり、用途に応じて選べます。

  • パターン用ローラー

    下地塗りをして乾燥する前に使用することで、壁面に凸凹をつけることができます。シンプルな凸凹のデザインをつけるのに使用されることが多いです。

  • ヘッドカットローラー

    パターンをつけた後にヘッドカットするために使用します。

  • 特殊形状ローラー

    ゴムローラーの表面に目的別にいろいろな切削加工をして、幅広い用途で使用します。


POINT吹付け塗装と手塗りローラー工法の違い

吹き付け塗装と手塗りローラー工法で形成される塗膜の性能にそれほどの差はありませんが、以下のようなメリット・デメリットがあります。それぞれ比較することで、手塗りローラー工法の良さがわかるかと思います。

1吹付け塗装のメリット・デメリット

メリット

吹付け塗装は手間がかからないため施工が短期間で済みます。また、仕上げの模様の種類がたくさんあり、外壁塗装した壁面がきれいに仕上がります。

デメリット

塗料を外壁に吹き付けるため、手塗りローラー工法よりも塗料が飛び散りやすくなります。そのためしっかりと養生してやる必要があります。また、吹き付けるということは飛び散る塗料の量も多くなり、実際に使った量の半分くらいしか壁面に付着せず塗料のロスは多いのです。

一般的に外壁の表面というのは、きれいな平らにはなっておらず凸凹になっていることがほとんどです。凹の部分には塗料が行き届かないことが多く、吹付け塗装に適さないことがよくあります。


2手塗りローラー工法のメリット・デメリット

メリット

ローラーで手塗りするため塗料が無駄に飛び散ることがなく、高いところの塗装でも養生の手間がかかりません。厚く塗る場合も簡単にでき、凸凹の多い外壁でも長い毛足のローラーを使用すれば問題なく施工できます。

デメリット

吹き付け塗装は1回で済みますが、手塗りローラー工法3回塗って乾かす必要があり時間がかかります。また、吹き付け塗装のように豊富な仕上げ模様がありません。


ガイソー大分 大分で外装リフォーム、外壁塗装をお考えの方は坂井建設にご相談ください!!

ガイソー大分|大分の外装リフォーム 坂井建設スタッフ一同
ガイソー大分|お家の外壁は大丈夫ですか?今すぐできる外壁自己診断
ガイソー大分|お家の外壁は大丈夫ですか?今すぐできる外壁自己診断